入学試験・資格試験で一番重要なのは「記憶力」

 速読法をマスターすれば難しい参考書などでも、読む時間が早くなります。速読は右脳を活性化しながら読むために文章がイメージ化され、記憶力もアップします。
 さらに記憶力がアップする理由として、本を読む時間が早くなるため、同じ時間で何回も読むことができるようになります。これにより、短期記憶から長期記憶への変換が行われ、いつまでも忘れることのない長期記憶としての知識となります。
特に科目数の多い試験では、おおきな武器になります。また速読のおかげで語学学習でも単語力が上がったり、リーディング対策にも役立つ、との評価が高まっています。
 長文問題も時間に余裕が生まれるため、簡単に解けるようになります。「ひっかけ問題」に対しても時間的な余裕が生まれるために、冷静かつ論理的に取り組めるので間違える確立が少なくなります。


速読