速読をマスターするためのステップ(視野拡大トレーニング編)


速読を習得するのに、視点移動トレーニングと同じくらい重要な技術が、視野拡大トレーニングです。
 視野拡大とは、自分では1点を見ているだけでも、その周辺の文字などが頭に入ってくることです。この視野拡大トレーニングが上達してくると速読スピードが飛躍的にアップします。
 ではどのようにして視野を拡大するのかといいますと、いくつか注意する点はあるのですが、あまり1点を集中して見ないようにするのです。(弊社の速読ワールドトレーニングできます。)リラックスした状態でも十分に集中できますので、そのような状態で本を見ます。この視野拡大が遅い人ほど本を読むスピードが遅い傾向です。
 まずは、1点を見ている状態で1列の半分程度がパッと頭に入るようにトレーニングしてください。その次は、1列すべて→2列すべて→5列すべて→1ページの順番で練習してください。


速読 トレーニング ソフト【速読ワールド】/読書スピードアップ/
日本能力開発学院【速読術/速読法】



日本能力開発学院 近藤雅俊





速読