成績が伸びる子供の共通点は毎日勉強する習慣がある。


やはり親が側にいて、勉強の課題を与え、毎日の勉強を習慣付けることから始めないと子供の可能性を延ばしてあげることができないでしょう。現に私は、普通のごく平凡な家庭で育った普通の子供が成長し、今に至っていると言う感じです。想像はつきましたでしょうか。現在、私は日本能力開発学院で速読術トレーニングや低学年を中心に国語・算数などの講師をしております。私自身今思えば、現在のように小さいことから、ひとよりもっと多くの本が読めて記憶が出来たら、もっと良い高校、もっと良い大学に進めたのではないかと日々後悔をしております。ですから、特に中学生の子供に対しては、熱く勉強の大切さを伝えます。
 では、なぜ良い高校、良い大学に進まなければならないのでしょうか。
それは、まだまだ日本は、学力社会だからです。良い大学を卒業し、将来的に延びる会社に入社できれば、人より給与をもらえることができますし、良い暮らしが出来るからです。そんな簡単な事誰でも分かっているかと思いますが、親御さん自信に実感がなく、お子さんに伝えてないのです。伝えられてないのです。
 実際に塾に通っているお子さんは、なぜ勉強しないといけないのかが、わかってないのです。なぜ、高校に行かなくてはならないのか、分かってないのです。
 この社会情勢の中、家庭の事情が分かっているお子さんは多くいますが、だからこそ自分が勉強し、この生活から脱出しようと思ってくれていれば幸いですが、自分が働いて、親を助けようと思うお子さんが多くいられます。それで良いのでしょうか。そんな優しい気持ちのお子さんに育ってくれたと満足している親御さんがいらっしゃいます。
しかし、私は、そうではないと思います。優しい子供に育ってくれるのは、当然の事で、今何が出来るのか、何をしなくてはならないのかが、子供自身分かってないのです。要するに親が分かってないから、子供が分からないのです。中国の子供たちを見てください。貧しい生活から脱出しようと、子供が勉学に励んでいます。北京に就職しているほとんどの子供たちが、親に仕送りをして生活しています。日本は教育にお金をかけていません。この社会情勢だからこそ少しの望みをかけて子供に教育の場を与えた方がいいと思います。  しかし、子供にお金をかけて、後で恩返しをしてもらおうと思ってしまうと、子供は伸びません。子供自身に重圧をかけずに、子供の人生が良くなればいいと思ってください。
 では、そこで何をすれば良いか、何を与えれば良いか戸惑う親御さんも多くいるかと思います。私の考えている一番重要なキーワードは、小学校低学年から、「子供が毎日勉強する習慣がある。」と言うことだと思います。

日本能力開発学院 速読トレーニング講師 伊藤 弘子





速読