読書スピードは、現在の3倍〜5倍のアップを目指してください。



だれでも、できる限り速く読みたい!と思う方が多いと思います。そんな中、速読を習得した方の中には1冊の本を数十秒で読む方も中にはいます。
日本能力開発学院の考えている速読の基本は、現在の読むスピードの3倍から5倍を目指しています。
なぜなら、これ以上速く読むということが日常生活にどれほど必要なのかと考えているからです。また1分間に10万字以上のスピードで読む方が実在していることの否定はできません。

日本能力開発学院の速読は、読書の延長だと考えています。
ですので、みなさまにもあくまでも3倍〜5倍を目指してほしいと思います。いやそれでは満足できないという方でも30倍程度を上限にトレーニングを続けてください。

またトレーニングの一つに、文字を高速で読むステップがあります。これは現在の悪い読書習慣を無くして、少しでも速く読もうとすることを身につけるためのトレーニングです。
少し雑な言い方になりますが、あまり小さな文字を気にしすぎると結果的に読書スピードが遅くなるということです。

あなたは、文章を読むときに句読点を含むすべての文字を読まないと何となく読んだ気がしない。という感覚がありますか?そのような方は要注意です。速読トレーニングをする上で大きな障害になることが多いです。

小さい頃、まず学校で本を読むときは大きな声で音読することからスタートする方が多いでしょう。それからしばらくすると、黙読するようになります。要するに、音読もしくは黙読しなくては、本なども読んだ気がしない。という習慣が小さいときに身についてしまったのです。それが、読書するスピードがどんなに本を読んでも変わらないという原因になります。速読の読書習慣では、本の文章を「黙読して読む」ということから「目で認識して読む」という感覚が重要になります。







速読 スピード トレーニング ソフト 速読 ワールド ■初級~上級編■特典付■



日本能力開発学院 近藤雅俊





速読