速読のメリットとは

資格取得に速読法はとても有効な手段である。
読む速さを調整する便利な使い分け。
資格試験や受験勉強に役立てたい方
早く読もうとすることで読書スピードがアップする
記憶力が向上するトレーニング
語学力は速読に必要不可欠である。

あなたの潜在能力を効率的に活用する。
30歳を超えてからも脳は進化し続ける
一度、習得した速読法は一生忘れない
速読の世界とはどういうものか
速読とはあくまでも読書である
音読,内読は速読の大敵
目標を持つことが速読法をマスターするために重要
速読法をマスターした自分を思い浮かべる
理解力をつけるのに幼児本から始めるわけ

速読術は外でもトレーニングできる

・資格取得に速読法はとても有効な手段である。
『限られた時間を有効活用する』
 速読ワールドなどの速読術トレーニングソフトを購入される一番の理由は、資格取得を目的に限られた時間を有効に活用したい。というのが一番多い購入の理由のようです。もちろん単純に文章を「早く読みたい」方もおられます。また人間が生まれもっている能力にはそれ程の差はありませんから、いかに時間を有効に消費したかが資格取得や各種テストでも特に重要となり、その結果が合否の明暗を分けるのは事実です。
 実際の資格試験で行うテストの際に、速読法を習得されている方は他の未修得の方と比べれば断然有利になりますし、また他人よりも早く問題を解くことにより、時間に余裕が生まれ試験中での緊張が和らぎ、リラックスして試験に臨むことができるのです。その結果とても良い成績を発揮することができます。実際、当教室から沢山の方がいろいろな試験に合格されています。みなさんも速読を習得して限られた時間を有効に活用しましょう。当教室の速読 スピードラーニング トレーニング ソフトを購入して速読を習得することをオススメ致します。



読む速さが調整できる。
『速読による読書でも理解力は変わりません。』
「小説やマンガなどはゆっくりと読んだ方が楽しいのではないか」などと言う方もいますが、それは間違いです。速読を習得すると瞬時に文字や文章が頭に入ってくるわけですから、速読を習得する以前よりも鑑賞する時間は増えることになります。テレビなどを倍速などで見るのとは意味がまったく違うということです。
また速読を習得された方は、読む速さを調整することをお勧めします。極端な話ですが、例えば〔速さ10〕で読める人が〔早さ1〕で読むのです。そうすることにより理解力は変わりませんが、記憶力が抜群にアップします。そのような事ができるには速読を習得されていることが大前提です。もちろん「難しい本」よりも「簡単な本」の方がより速読することができるわけですが、「難しい本」でも1回目よりも2回目の方が必ず早く読むことができるのです。そして2回目より3回目などと繰り返し読むことは文章を記憶したい時などにはとても有効なのです。読む速さを調整して賢く速読を活用しましょう。



・資格試験や受験勉強に役立てたい方
『1ヶ月で約15〜30倍の速度アップを目指す』
速読をできるだけ早く習得して、「資格試験や受験勉強に役立てたい方」は、1ヶ月で習得することを目標にすると良いでしょう。自分なりの無理のないスケジュールを立てましょう。それでは実際に短期の習得に成功された方の例をあげます。
1.トレーニング累計時間       約1ヶ月(30時間程度)
2.トレーニング1日の練習時間   30分〜2時間(短時間でもいいので、こまめに練習すること)
3.トレーニング効果          約30倍(分速588→分速17625)
この方は分速588→分速17625の速読アップを習得されたのですが、具体的に言うと1ページ600字、200ページの本を今までは約3時間半かかっていたのですが、速読を習得したことにより10分程度で読めるようになった計算になります。もちろん個人差はありますが、日々練習することで短期であっても速読法を習得できるということです。


・早く読もうとすることで読書スピードがアップする
『速読を習得するには「早く読もう」とする意識が重要である』
速読をマスターする際に最も基本である「早く読もう」という意識を常に持つことが重要で、その繰り返しの結果により速読を習得できるのである。「先へ先へ早く読む」とはいっても、ある程度の文章理解は必要である。練習初期段階では、速読練習中のページ内容を完全に理解する必要はありません。意識を集中させながらリラックスして何度も繰り返し練習することで文字などが頭の中に飛び込んでくるような感覚が養えます。そうすれば必然と内容もしっかしと理解して速読をすることができるのです。ここで重要なことは、文章を読む際にリラックスして早く読むようにしてください。始めはどうしても完全に内容を理解しようとゆっくり読んでしまいがちですが、慣れればどんどん先へ先へと読むことができます。


・記憶力が向上するトレーニング
『長期記憶と短期記憶を上手に使いわける』
みなさんも学校の試験などで、一夜漬けの勉強をした経験があると思いますが、さてテストが終了してから3ヶ月後にどれだけのことを覚えていたでしょうか。一夜漬けは、一種の短期記憶に入りますので、新たに記憶した事は忘れてしまっていることが多いはずです。もし長期記憶にて記憶した場合にはどうでしょうか?ほとんどの内容をしっかりと記憶していることでしょう。速読を習得したことにより、以前に比べ数倍〜数十倍の読書スピードを習得していますので、1冊の本や教科書も格段に早く読破することができます。しかも1冊の同じ本を繰り返し読む場合、1度目の読書時間に比べて2度目、3度目と読む回数が多くなるほど早く読むことができます。そして、何度も何度も繰り返し読み続けることによって、短期記憶から長期記憶へと脳にインプットされることになります。もちろん長期記憶にインプットされた記憶は半永久的に記憶されます。


・語学力は速読に必要不可欠である。
『読書の後は内容をイメージして整理すること』
当然ですが、速読をするにも語学力が必要不可欠であるのですが日頃の読書の際にもわからない語句などがあった場合は調べる癖をつけるべきでしょう。確かに前後の文面からその単語そのものの意味がわからなくても、だいたいの意味はわかるであろう。しかし、語学力はまったく上達しないのである。速読を習得するということは、語学力も同時に上達させなければならない。また、みなさんは読書をした後にその本の内容をイメージなどして整理しているでしょうか?速読により読み終えた本の内容を、少し時間が経つと忘れてしまいそれを「速読で読んだからかも」と考えるのはまったくの誤解であります。速読とは言うものの一般の読書と同じなのですから、そのような方はたとえ普通に本を読んでも同じことで少し時間が経つと忘れてしまうのである。読んだ本の内容をより鮮明に記憶したい時は、必ず読み終えた後に、その本の内容をイメージして整理することが重要なのである。この習慣を忘れずに持つことも、少ない読書時間ではとても重要である。


・あなたの潜在能力を効率的に活用する。
『脳の能力をうまく引き出す』
みなさんにとって頭のいい人とはどのような人だと思いますか。人の顔や性格は各々異なりますが、生まれもっている脳の能力には個人差はないのである。また、私たちは脳の3〜5%しか使っていないといわれています。残りの95〜97%は使っていないということなのです。逆の言い方をすれば、その95〜97%の脳の能力を使っていないのである。ですから私たちはこの潜在能力をうまく引き出して活性化することをトレーニングとしています。その昔中国に記憶の達人がいました。その達人は右脳に連動している左手の人差し指を爪楊枝で刺激しながら、右脳への記憶を促進させてどのような事でも一度で記憶する技術を習得していたそうである。
 

・30歳を超えてからも脳は進化し続ける
『トレーニングにより脳に栄養を与え続ける』
「どんな人間も脳の3〜5%しか使っていないのですから、その3〜5%の脳の潜在能力を日々研鑽することが大切」ということも述べましたが、ある大学の研究によると「3〜5%の脳の細胞はトレーニングにより緻密な細胞となり発達し続ける」との研究結果がありました。また、年齢を重ねると「物覚えが悪くなった」とか「物忘れが多くなった」などということをよく聞きますが、それは年齢により脳の能力が衰えた為だと思われる方がいらっしゃいます。それは大きな勘違いだそうです。脳細胞は確かに年齢を重ねる度に減少してはいくのですが、その減少していく脳細胞は普段日常では使用しない領域の細胞なのです。みなさんがそのような勘違いをするのは、年齢を重ねていく上で今までに蓄積された知識が古い知識と感じてしまい、新しい知識を常に記憶していた時期には感じていなかった知識の成長不足を感じるのが原因だそうです。すなわち年齢が高いからといって脳の潜在能力は衰えるということはないのです。日々脳に知識という新しい栄養を与え続けることが大切なのである。速読はその脳への栄養を効率的に与え続ける為の有能なアイテムとなるのです。


・一度、習得した速読法は一生忘れない
『速読法をマスターするのなら、今がチャンス』
速読法は一度習得さえしてしまえば、まず忘れる事はありません。この情報化社会は、インターネットなどの普及によりこれから先もますます文字を読む機会が多くなることでしょう。そうした環境の中で速読の定義をマスターしていれば、日々の日常生活の中でも十分にトレーニングを続けているようなものなのです。当教室の受講生には、小学生なども多く見られますがこれからの人生の中でいろいろな勉強や試験に絶大な力となってくれるでしょう。また、多くの本を読むことでたくさんの知識や感動を得られるでしょう。もちろん資格試験を受けるために習得される方もたくさんいらっしゃいます。高年齢の方も速読法に無関心ではいけません。この技術をマスターすることにより脳の活性化にもつながりますし、今後の忙しい日常生活での貴重な時間を有意義に活用することができます。


・速読の世界とはどういうものか
【速読を身につけると「文字が飛び込んでくる」】
皆さんは、速読法を身につけると自分の目はどう変化するのか、と疑問に思うことでしょう。そこで始めに「速読法を身につけた感激を語った」私のスクールの受講生達の言葉をいくつか挙げてみましょう。「不思議なくらい文章が広い範囲で目に飛び込んできて内容が明瞭に頭に入ってきたのです」「文字がぴったり目についてきて内容が頭の中にすーっと入ってくるような気がしました」「トレーニング開始20時間くらい後、文字がパッと広い範囲で飛び込んできて速く読めるようになりました」このように「速読法のトレーニングを積むと文字が飛び込んでくる」という状態になるのです。これはたとえば、ビルの屋上にある企業の看板を読もうとも思っていないのにぱっと読めてしまい、内容も把握できる、あの感じです。後で詳しく説明しますが、映画の字幕を読むとき、インターネットで調べものをするとき、長々と書かれたメールを読むとき、新幹線や電車の中に流れているニュースを読むときなどに非常に便利な能力となります。意識せずに「文字が飛び込んでくる」からです。


・速読とはあくまでも読書である
【速読とは本の内容を理解し鑑賞すること】
繰り返しますが、速読とは「読視野を拡大し、視点停留時間を短縮し、さらに視点飛躍の時間も短縮すること」です。しかし、これだけでは速読の意味を説明したことにはなりません。速読とは「ただ文字を見たり、中味を理解すること」なのです。つまりふつうの読書とまったく同じです。ここを正しく理解しないと、「速読では本の中味を味わったり、鑑賞することができない」という偏見を持つ結果になりかねません。読書を一言で定義すると、「書かれていることをそのまま頭にコピーするのではなく、読んでいる本人が何かを感じること」をいいます。つまり早く読んでいても、「この著者は読者にこういうことがいいたいのだな」「この登場人物はこういう気持ちなのだな」など、感じ取れなければ「速読」、つまり読書とはいえなくなります。


・音読,内読は速読の大敵
【速読するなら癖をなくそう】
最近話題になっている「声に出して読む日本語」を読んだでしょうか。美しい言葉や文章を「声に出して読むこと」で、その良さを味わおうとする本です。確かに言葉や文章を「音読」した場合、その「鑑賞的価値」にプラス・アルファが生まれるでしょう。しかし、この「音読」というのは遅読の原因になってしまうのです。音読では読んでいる目と文章と音読を発している口の間に「ズレ」が生まれてしまいます。そのズレのために、口が音声を発し終わるのを待たないと、目だけで文字を先に読むことができなくなってしまうからなのです。
しかし、この「読書における悪癖」でやっかいなのは「音読している意味がない人」です。口元が動いている人ならすぐに気がつくこができますが、音読をしているのに声も出ず口も動かない人がいます。これを狭義の内読といいます。これを心理学上では「読みにおける音声にもとづく再符号化」とし研究されています。速読法を身につける場合にはこの「再符号化」をさせないように、「先に読み急ぐトレーニング」を繰り返すことが必要になります。


・目標を持つことが速読法をマスターするために重要
【あなたの目標は何か?】
私のスクールに通ってくる人は必ずといっていいほど目標を持っています。目標には直接的と間接的なものがあります。直接的とは、「読書量を増やしたい」「受験に役立てたい」「資格を取りたい」「ビジネスに生かしたい」といった、「速読法を身につけることで、すぐに効果が現れるもの」です。間接的とは、「緊張感がほしい」「集中力をつけたい」「老化防止のため」「視力アップのため」といった「速読法を身につけることで、間接的に効果が現れるもの」です。
実は、この「目標を持つ」ことが速読法をマスターするために非常に大切なことなのです。強ければ強いほど、速読法を早く身につけることができます。そのためには、どちらかといえば直接的な目標、近い将来の目標のほうが一般には効果的です。受験や資格取得を目標にする人が多いのはそのためです。あなたの「目標」は何ですか?


・速読法をマスターした自分を思い浮かべる
【イメージトレーニングはもはや学習法の基本】
願いを叶えたい、と思ったら、「願いが叶った自分の姿を思い浮かべること」が大切だとうよくいわれています。速読法も「速読法を身につけた自分を思い浮かべながら」トレーニングを積むと効果の現れ方が違います。トレーニングでは毎回「丹田呼吸」をして集中力を高めます。そのとき必ず、「速読ができるようになって素晴らしい能力が身についた自分」を想像すればよい。さらに場合によっては、自分が達成したい速読の」能力を、例えば「1分間3000字読むぞ!」というように、具体的に数字を挙げて行うとさらに効果的です。実はこの「成功する自分をイメージしながら学ぶ」ことを「イメージ学習」といいます。流れは次のようになります。
「成功した自分をイメージする→自分に対し自信がつく→トレーニングでもやる気を生じ、繰り返しやりたくなる→そして本当に成功してしまう」スポーツでもイメージトレーニングを行うのは実証されていますので、この学習法は十分に合理性を持っています。


・理解力をつけるのに幼児本から始めるわけ
【スピードと理解の程度のバランスをとりながら始める】
基本トレーニングで上達基準に達したなら、一般の本を使っての練習に入ります。このとき、理解力トレーニングでは文字トレーニングであげた「読視野拡大」「視点移動スピード化」などの効果がそのまま出るとは限りません。その理由は、言葉や文章が意味を持っているので文字トレーニングでは1分間1万字知覚できていたのに、慣れないうちは理解力トレーニングでは、これと同じ数の文字を知覚できるとは限らないからです。しかし、トレーニングでは文字トレーニングで身に付いた「文字を知覚する速さ」が多少持って取り組んでください。
そうすることによって「本の内容が理解できる」能力が徐々についてきます。準備するものは、文字が大きく、文字数は少なく、内容が平易で、平仮名で書かれた幼児用の本です。
この場合、最初にだいたいの総文字数を数えておくことです。なぜ幼児用の本を使うかというと、次のように5つの理由があります。
  理由1 文字が大きく読みやすいため
  理由2 文字数が少なく、トレーニングの初期段階でも比較的短時間で1冊の本を処理できるため
  理由3 拾い読みの習慣をつきにくくするため
  理由4 平仮名自体に強くなるため
  理由5 比較的、視覚的なイメージが湧きやすいため
  

・速読術は外でもトレーニングできる
【電車の中でも時間を意識して】
速読のトレーニング方法を一通り説明しました。しかし、なかなか家で時間がとれないという人のために、外でもできるトレーニング方法をこれから紹介しましょう。基本トレーニングならば、いつでもどこでも原則としてできます。このトレーニング方法を書いて持ち歩けば、10分でも20分でもやれるものです。雑踏のなかで集中力を持って実行できるようになれば、あなたの速読法は本物になったといえるでしょう。電車の中での読書でもトレーニングを意識して行うことです。この場合、いつも最初から最後までやる必要はありません。時間などを見計らって、やれるところ、苦手と思っているところを重点的にやってみるといいでしょう。そのとき時間を計りながら行ってください。ストップウォッチのついた腕時計もあるでしょう。もし手元にトレーニングの材料がなかったら、電車の中の中吊り広告など特定の点と点を決めて視点移動や記憶力のトレーニングをすることもできます。一定のスピードで走る電車から見える風景を意識的に追い掛けることも視点移動や記憶力のトレーニングになります。
  基本トレーニング!
  >一定のスピードで走る電車から見える風景を意識し的に追う
  >電車の中の中吊り広告など特定の点と点を決めて視点移動


_速読のワンポイントレッスン

音読して読むことから卒業する。(つぶやかない)

入学試験・資格試験で一番重要なのは「記憶力」

情報収集力でライバルに大きな差がつく

速読をマスターするためのステップ(視点移動トレーニング編)

速読をマスターするためのステップ(視野拡大トレーニング編)

右脳:イメージすることが得意、左脳:論理的に理解するのが得意

成績が伸びる子供の共通点は毎日勉強する習慣がある。

速読とは、遅く読まないための技術でもあります。

漢字などのブロック読みにより、音読(黙読)する習慣をやめる。

記憶力をアップさせる方法について(記憶術)

難しい本を読むときに遅くなる理由

読書スピードは、現在の3倍〜5倍のアップを目指してください。

バッティングセンターで同じようなことが体感できます。

じっくり時間をかけて1回読むよりも、ざっと何回も読んだ方が効率的

英単語や知識を暗記するための裏技

速読を習得するために必要なトレーニング比率について

初心者の方が速読トレーニングと資格試験などを同時に行う場合に注意すべきこと




速読